ジャウル

ジャウルは12の月の守護者だ。彼の夢はただ一つ。12の世界を永遠の冬に陥れること。でもどうやって?もちろん、自分の月を延長するのだ!彼が毎年1の月から何日かくすねようとするのはそのためだ。だが、1の月の守護者ジヴァはそれを受け入れる準備などできていない!

6
12の月
サントロール座

サントロール座生まれの冒険者は生まれつきの「徴収屋」。他人の財産を自分のものにしてしまうという困った傾向がある。彼らの座右の銘は「キミのものは自分のもの。価値のあるものだったら尚更!」だ。サントロール座のエヌトロフの弟子なんて、もう究極のケチに違いない!

父ホアッパー祭
ある日父ホアッパーがある問題点を指摘した。賢くしていた子供達にご褒美をあげる日がノエルなら、賢くしていなかった子供達にお仕置をする日もあるのが公平なんじゃないか?と。しばらくすると、彼はお仕置の日を設けた。以来毎年この日に、彼はお仕置をして回っている。
アダム
アダムは罰のメリド。彼は自分以外の者が愚かなことをするのが嫌いだ!小さいときに「仲間が全員スーラムの場合でも、イオップのような行動は二度としません。」と100回書くようにという罰を受けたことがあるなら、それば彼が作用を及ぼしたからだろう。

メリド効果

今日は償いの日だ!あさましい悪党やよこしまな心の持ち主を罰する時がやって来た。魂がどす黒くない人は、罰を施す人として活躍することもできるし、宿敵にお仕置きすることだってできる!

ボーナスとクエスト

ボーナス :

クエスト :

1 を集めて に捧げる。

ボーナス :

クエスト :

1 を集めて テオドラン・アックスに捧げる。

リュブリカブラクス

ドフス時代ワル・クロマクはアリスター王の顧問だった。野心に突き動かされて、彼は極悪の策士のように振る舞った。盗み、殺人、裏切りの限りをつくし、彼を止められる者は誰もいなかった!いつか王の代わりに王座につくことを狙っていたのだ。だがその前に彼は捕えられた。彼には、王座を狙った者にふさわしい、ものすごい刑罰が待っていることだろう。